やおよろずの森

私たちは、日本人が古来受け継いできた自然と人間が調和する社会を広め、後世に残すため、様々な活動を行う民間団体です。

日本文化チャンネル桜 海幸山幸の詩

平成28年上期

平成27年  平成28年上期  平成28年下期

【葛城奈海・海幸山幸の詩 #11】海を守り、共に生きる小笠原の漁民たち[桜H28/5/15]
~~日本文化チャンネル桜より~~
豊かで独特な自然の宝庫である小笠原諸島・父島を訪ねた葛城奈海が、広大な海­と共に生きる漁師や漁協の方達にお話を伺ったインタビューを通して、平成26年秋に中­国のサンゴ密漁船が襲来したときの苦難や今後の懸念、そして、活気溢れる小笠原の漁業­の魅力や取り組みなどについてお伝えします。

【葛城奈海・海幸山幸の詩 #9】自然の恵みがもたらす再生~静岡県松崎町の取り組み[桜H28/4/13]
~~日本文化チャンネル桜より~~
西伊豆の松崎町を訪ねて、天然の川のり(スジ青のり)やひじきなどの自然の恵­みと共に生き、また、川のりの養殖や、素材を活かした食品開発などに取り組む人々にお­話を伺いながら、地域再生に向けた思いや課題などについてお伝えします。

【葛城奈海・海幸山幸の詩 #8】鹿を狩る~命をいただき、山を守る[桜H28/3/2]
~~日本文化チャンネル桜より~~
雲取山(山梨県側)の山小屋「三条の湯」にオーナー・木下浩一氏を訪ね、雪深­い山中での鹿猟に同行した模様をご紹介しながら、鹿が増えすぎたために山の生態などに­生じている異変や、ありのままの自然を体感しながらその「恵み」をいただくことの意味­などについて、考えます。

【葛城奈海・海幸山幸の詩 #7】田んぼ物語~耕さずに育む人、荒れた地を甦らせる人[桜H28/2/17]
~~日本文化チャンネル桜より~~
田んぼを耕さずに自然のままの生態を活かして米作りをする不耕起栽培を続けて­いる農場や、耕作放棄地を開墾するところから自分達の田畑作りを展開しているNPO法­人を千葉県に訪ね、それぞれの取り組みなどについてお話を伺います。

【葛城奈海・海幸山幸の詩 #5】先祖が見守る家造り~育てた木が活かされる林業[桜H28/1/13]
~~日本文化チャンネル桜より~~
山梨県上野原市を訪ね、新たに建てる家の大黒柱に使うため、先祖代々が育んでき­た山から自らの手で木を伐採する家族や特殊伐採チームの作業の様子や思いをお伝えする­ほか、育てた木を人の手で活かすための林業の役割について、北都留森林組合の方々にお­話を伺います。

このページの上に戻る